あなたの歯は大丈夫?口元で幻滅されない女性になろう

profile

最近、テレビで口臭防止効果のあるハミガキや、口臭を抑える作用のあるサプリメントなどをよく見かけます。面と向かえばイヤでも目に入る口元です。

いくら見た目がきれいな人でも、いつもへの字口だったり歯が汚かったりすると残念!って思っちゃいませんか。特に男性は、女性の口元を厳しい目で見ているようです。あなたは自分の口元に自信を持っていますか?



男性は黄色い歯に厳しい

口を隠す
若い男性に行ったアンケートによれば、初対面の女性の顔で一番気になるのは、意外にも歯の黄色いところだそうです。しかも、「肌」「不自然なつけまつげ」を押さえ、圧倒的多数だとか。

「歯が黄色いと不潔な感じ」
「だらしなさそう」
「キスする気がうせた」等、もうさんざんです。



お家でホワイトニング対策

ハミガキ
お茶やコーヒー、女性の大好きなワイン、そして喫煙など、私たちの周りには、歯の黄ばみの原因がいっぱいあります。

「でも、ホワイトニングなんてお金がかかるし面倒…」そんなイメージが強いかもしれません。とりあえずお家でリーズナブルにできることをやってみましょう。

いつものハミガキのように手軽なのに、ホワイトニング効果バッチリ。そんなうれしい製品も手軽に手に入れることができます。もちろん、普通のハミガキよりは高価ですが、一週間ほどで効果を感じる人が多いといいます。

試す価値、大ありですよね。



歯医者でしっかりホワイトニング

歯医者
「やっぱりプロにお願いしたい!」
「結婚式前に白い歯にしたい」

という方は、やはり歯科でホワイトニングをしましょう。最近は、ホワイトニングをブライダルエステの一部と考えて通う方も増えているようです。黄ばんだ歯の花嫁ではせっかく純白のドレス姿にがっかりしてしまうかもしれません。

実際に歯科でホワイトニングを受けた女性に聞いてみると、

「痛くなかった」
「思っていたほど高くなかった」
「完全個室でキレイだった」

という答えが多く、案外力まずに行けそうな印象です。感覚としては、エステやネイルサロンに近いのかもしれません。



歯茎も忘れないで!

30代以上の8割は歯周病にかかっているというデータがあります。特に女性は要注意です。
生理中に子宮が充血するように、歯茎も充血します。そこに菌が入ってしまうと歯周病のリスクが高まってしまいます。

また、妊娠すると女性ホルモンが増加し、妊娠性の歯肉炎になりやすくなります。もし、深刻化してしまっても、妊娠中は麻酔を使用する治療ができません。できれば妊娠前にケアをしておきましょう。



口角、上がってますか?

口角
怒っているわけではないのに、なんだかみんな私を避けてる…?そんなことを感じる人は、もしかしてへの字口の気難しそうな顔になっていませんか?口角が下がってムスッとしていると、不機嫌そうに見えてしまうだけではありません。

口の周りの筋肉である口輪筋が衰え固くなり、伸縮性を失ってしまいます。そのため、あごや頬、目の周りなどがたるんだり、フェイスラインも崩れたりと、よくない影響が出てきます。

ぜひ顔のエクササイズをしたり、専用の器具などで口角をあげてリフトアップしましょう。
いつも笑顔の人は、明るいだけでなく若々しく見えるものです。



まとめ

フェイシャルには気を配っているけれど意外と見落としがちな口元のケアに注目してみました。

  • 男性は意外と女性の歯をチェックしています。(しかもかなり厳しい)
  • お家で気軽にホワイトニングできます。
  • 歯科のホワイトニングはエステ感覚で
  • 私のためにも子供のためにも歯茎ケア
  • 口角がアップすると見た目年齢はダウン

大切な人に最高の笑顔を見せられるように、毎日少しずつのケアで差がつく部位でもあるのアで、口元のケアも忘れずに始めていきたいですね。

ラジオ波エステおすすめランキング

  1. Vitule    10,000円3,000円

  2. Bloom    20,000円5,000円

  3. シーズラボ    28,080円5,400円

サブコンテンツ

このページの先頭へ